スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リリカルナノハPVなんとか完成しました。 

エンコードに時間がかかって、アップするのが遅れてしまいました。
一応、H264でエンコードしてありますが、中々うまくいかず、やっと成功したものをあげましたので、最高品というわけではありませんが、それなりになったと思います。


今回の動画ですが、私は三つの実験をしました。

一つは、今まで私が調べ、勉強してきた映像演出論がどこまで通用する、というか、作品の質に反映できるか。その為に派手なエフェクトなどは使わず、単純な動きだけでやってみました。

二つ目は、フラッシュカットを使う。これをするからレクイエムを使い、エヴァのPVっぽくみせました。
フラッシュカットは映像として『どう』なのか?これが知りたかった。
エヴァのOPは今でも神と呼ばれるほどです。その特徴でもあるフラッシュカットを実際使ってみて、その技法みたいなのを習得したかった。
私はエヴァのOPを見直したり、他のフラッシュカットを使ったOPなどを見まくり、色々と調べましたが、机の上で出した結論は、ハッキリ言って「この技法は映像を使う意味があるのか?」
そういう結論に達しました。
カットはバラバラ、素材の絵もキチンと見せない、要所以外音楽とはバラバラ、諸々。
しかし、見てて思うことは何かしらの不協和音的なものを感じる。この不協和音的なものを知る為には作ってみるしかない。それが理由です。

三つ目はデジタルコミック的な演出。、ここ最近(といっても半年くらい)デジタルコミックに関心があって、その技法を習得したくて、今回後半に入れてみた。まあ、基本的なことしかやってませんがね。

この動画を作る最初の動機はもちろん放蕩オペラさんの作った同人誌に感激して作ったわけですが、私としては常に成長する為に、新しいことがしたかった。だから、ついで、と言っちゃあ『あれ』ですが、利用させてもらいました。

しかし、上記の条件は意外と厳しく、制作はかなり難航しました。
途中でソフトの不具合などもあり、何度か作り直したりと、制作意欲が削がれ、逃避もしましたが、それでも最後まで作り終えることができたのは、やはりこの動画を待ってくれる人が少なからずいて、その人達に応えたい気持ちがあったからです。

まあ、恐らくこの動画を待ってくれた人の期待を、多少、裏切ったのではないかと思われます。
みんなもうちょっと派手なものを期待してたんじゃないかな(--

他にも書きたいことはありますが、とりあえずこの辺で。
明日にこの動画の私なりの演出論を静止画を加えて、書きたいと思います。

あ、それとzoomeにも明日アップします。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2008/03/11 03:27 ] 映像関係 | TB(0) | CM(3)

完成おめでとうございます^^
一番目を奪われるのは終盤の光の表現なんですが
そういった趣旨ではないようなのでフラッシュバック(以下FB)を見て感じたことを。

私の好みで言えばもうちょっと早くFBを繰り返してもいいかなと。
(動画にそうゆうコメしたのは別の方)
推測ですが、本の内容をネタばれをしないために
使うカットが限られてFB出来る回数が限られたのではないでしょうか?
最も手軽に迫力が出せるであろう戦闘シーンを
使ってない時点で個人的には、ほぼ確信なんですが・・・

だけど逆にCMとしてのコツを心得た人だなと感じました。
私含め未見者が一番気になるのは、なのはが使徒とどうやって戦うの?
という所なので、全く戦闘シーンを出さないんじゃなくて
「砲撃が通じない!!!」の時点で止めたあたりにセンスを感じました。
FBの話とは、ちとズレましたがこんな所感です。

制作おつかれさまでした^^
[ 2008/03/11 18:47 ] [ 編集 ]

見ました。
なんだかすごい面白かったです。
魔法陣もやっぱりAFですか、綺麗でした。
[ 2008/06/14 17:25 ] [ 編集 ]

>>おうさん
ありがとうございます。
魔法陣は作り方の講座がありますので、そちらもいっしょに見てください^^


[ 2008/06/15 13:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro0252.blog110.fc2.com/tb.php/62-a045026c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。