スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スウィーニー・トッドを観て来た。  当分ミートパイは食べれません(== (ネタバレ注意 

スウィニートッド

今日スウィーニー・トッドを観てきました。

実は別にものごく観たいわけじゃなかったのです。
今日は月初めで、1000円で観られる日なので気分転換がてらに、なにか観ようと思ったんですが、特に観たいものがなかったので、これを観てきました。

私には珍しく、殆ど前知識を持たず、主演や監督がシザーハンズのスタッフが作った、という程度の前知識で観ました。


観終わった感想は
「つまらなくないが、面白くもない。シザーハンズと今作を比べると断然前者。」
と、いったところ。

まず序盤に主人公の目的が『復讐』と解った時点で、「あ~主人公死ぬのか」と分ってしまった。
これは別にいい。というか、復讐劇は死なないとダメ。俺的に。

問題は主人公の心理、というか考え、思考?が最初から最後まで変わらないこと。
これがちょっと面白くなかった。

物語としては二転、三転していたのだが、登場人物の心理的な変化は殆どなく、物語だけ変化しているだけのような気がした。

だから、別に面白くないわけじゃないのだが、なんというか中途ハンパな感じ。
ミュージカル劇でも観てる感じ。


演出やカメラワークは、さすが巨匠ティムバートンだけあって、すばらしい。
音楽に合わせたカメラワーク、演出が彼の持ち味が存分に出てる感じがする。

やはり映像を勉強した人間なので、作品に流されて観ているだけとはいかず、色々とチェックしてました。

たとえば、主人公は最初から最後まで画面の左側に置かれてました。
左に置くということは「安定と下位の印象」を与えます。
これは物語的に悪者や敗者などがこの位置に置かれます。
もちろん、話の展開で変わりますし、動いているか止まっているかでも変わります。


役者の演技も、ジョニーデップを含め、すばらしい演技だった。


まあ、総合的な感想は、やはり脚本が弱い。

最近のユーザーは物語にどっぷり使っている世代なので、もうちょっと変化にとんだ脚本じゃないと受けないと思った。
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiro0252.blog110.fc2.com/tb.php/53-bdae3154



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。