スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プレスコの可能性 

The World of GOLDEN EGGSというアニメを知っているだろうか?

最近だと日産のCMとかとコラボしたりして若干認知されていると思うが、俺の中では去年、一昨年のマイブームだった。

このアニメは3Dのトゥーンレンダリングを駆使したギャグアニメなんだけど、パット見、ベタ塗りで簡素な作りのアニメなんだけど、見てみるとテンポがすごく面白いwストーリーも色んな回の話とかが絡んだりしてよくできている。

そのアニメのスタッフが最近、新しいアニメを手がけていたことを知ったので紹介。

一つ目はこれ

本家が消えてしまっているのでニコ動のものを紹介。
作風は若干変わっていて、アナログ感がでた感じになったのだが、テンポは前のままw
懐かしいわ~この感じ。そして相変わらず面白いw

二つ目はこれ

http://www.91tv.jp/
化粧品メーカーともコラボしているらしく、CM観た人のいるかも。
作風は金卵の時に戻っている。


こういうテンポが作れるのは『プレスコ』だからできるんだな~っと思った。
日本のアニメは大体がアフレコ、つまり絵を先に描き、後で声を付ける。これがアフレコ。
プレスコとはアフレコの逆で「先に声を録り、後で絵を付ける」。これがプレスコ。

プレスコはディズニーアニメとかでよく使われるが、その理由に絵が簡素という理由もあるが、他にもミュージカルアニメという理由もあると思う。
やはりミュージカルシーンは絵より声、音を重視したいと思いますから。

そう考えるとミュージカルアニメだけじゃなくて、こういう漫才的なアニメもプレスコの方がいいのかも。
そういえば、ギャグ漫画日和もプレスコなんだ、やっぱギャグアニメはプレスコの方が向いてるのか?
スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/03/13 23:13 ] 映像関係 | TB(0) | CM(1)

Zoomeにもアップ&貼り付け解像度の変更を試す 

Zoomeにもアップしました。
それと最近、動画の貼り付けプレイヤーの解像度を変更できるらしいので、640X480でエンコしたのを原寸通りに再生できるようにしてみた。
このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/03/11 23:52 ] 映像関係 | TB(0) | CM(3)

リリカルナノハPV 俺的演出論 

まずはコメントの返信から。
普通の返信してもいいけど、多少、本記事の内容に絡むので、記事で返信します。

>>recoba167さん
>>本の内容をネタばれをしないために 使うカットが限られてFB出来る回数が限られたのではないでしょうか?

まあ、そうですね。そういう理由もあります。実際、この同人誌は前後半の二冊構成なんですが、二冊目の内容は使ってません。その理由はネタバレもあるんですが、正直この同人誌は使えるコマが少ない(--
一コマずつ切り抜くのは楽ですが、それをただ順々に表示するだけだと、紙芝居になってしまう。映像としての意味がない。そこでカメラーワークなり、エフェクトなりで動きをつけるしかないのだが、それができるコマが意外とない。

戦闘でのコマは確かに一番使いたかったんですが、なんていうですかね、マンガの擬音?でいいのかな。
あれが周辺のコマまで貫通してるとこが多いんですよね。
マンガとして見ると普通に見えるんだけど、切り抜いて一枚絵にするとどうしても気になってしまう。
だから素材が足りないという意味では当たっています。

FBをもうちょっと早く繰り返した方がいいという意見ですが、まったくその通りだと思う。
実は前Verはもうちょっと早かったんです。ただ、素材が足りない、早いテンポを繰り返すと単調になってしまう、緩急をつけようとすると音楽の尺が足りない。など諸々の理由で遅くしました。
ただ、改めて見ると私も遅く感じます(--
一枚一枚をちゃんと魅せたかったのですが、それが逆に作品の質を落とすことになってしまった。と、いう感じなのかな(--

ということで、以下から本番。



このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/03/11 22:21 ] 映像関係 | TB(0) | CM(2)

リリカルナノハPVなんとか完成しました。 

エンコードに時間がかかって、アップするのが遅れてしまいました。
一応、H264でエンコードしてありますが、中々うまくいかず、やっと成功したものをあげましたので、最高品というわけではありませんが、それなりになったと思います。


今回の動画ですが、私は三つの実験をしました。

一つは、今まで私が調べ、勉強してきた映像演出論がどこまで通用する、というか、作品の質に反映できるか。その為に派手なエフェクトなどは使わず、単純な動きだけでやってみました。

二つ目は、フラッシュカットを使う。これをするからレクイエムを使い、エヴァのPVっぽくみせました。
フラッシュカットは映像として『どう』なのか?これが知りたかった。
エヴァのOPは今でも神と呼ばれるほどです。その特徴でもあるフラッシュカットを実際使ってみて、その技法みたいなのを習得したかった。
私はエヴァのOPを見直したり、他のフラッシュカットを使ったOPなどを見まくり、色々と調べましたが、机の上で出した結論は、ハッキリ言って「この技法は映像を使う意味があるのか?」
そういう結論に達しました。
カットはバラバラ、素材の絵もキチンと見せない、要所以外音楽とはバラバラ、諸々。
しかし、見てて思うことは何かしらの不協和音的なものを感じる。この不協和音的なものを知る為には作ってみるしかない。それが理由です。

三つ目はデジタルコミック的な演出。、ここ最近(といっても半年くらい)デジタルコミックに関心があって、その技法を習得したくて、今回後半に入れてみた。まあ、基本的なことしかやってませんがね。

この動画を作る最初の動機はもちろん放蕩オペラさんの作った同人誌に感激して作ったわけですが、私としては常に成長する為に、新しいことがしたかった。だから、ついで、と言っちゃあ『あれ』ですが、利用させてもらいました。

しかし、上記の条件は意外と厳しく、制作はかなり難航しました。
途中でソフトの不具合などもあり、何度か作り直したりと、制作意欲が削がれ、逃避もしましたが、それでも最後まで作り終えることができたのは、やはりこの動画を待ってくれる人が少なからずいて、その人達に応えたい気持ちがあったからです。

まあ、恐らくこの動画を待ってくれた人の期待を、多少、裏切ったのではないかと思われます。
みんなもうちょっと派手なものを期待してたんじゃないかな(--

他にも書きたいことはありますが、とりあえずこの辺で。
明日にこの動画の私なりの演出論を静止画を加えて、書きたいと思います。

あ、それとzoomeにも明日アップします。 このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/03/11 03:27 ] 映像関係 | TB(0) | CM(3)

ススマネー(-- 

slb.jpg

PVが中々進まない。

編集してると、どんどんアイディアがでてきて、素材を作り込んでしまう。
しかも、そのアイディアがうまくいかないと、さらに考え込んでしまって、ススマナイ

素材が魅力的すぎるよ(== このエントリーをはてなブックマークに追加
[ 2008/02/12 23:32 ] 映像関係 | TB(0) | CM(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。